スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラナダ4日目 Alhambra宮殿

未分類
06 /09 2011
6/9 旅も最終です。 
あと少し、おつきあいください。

グラナダと言えば、やはりアルハンブラ宮殿ですよね。
一日の入場人数が決められているので、ツアーなどでなく 個人で見学する人は
事前にチケットの予約をした方がいい。
ネットで予約できる・・・
と、ガイドブック等を読んで知ってはいたけど、どれだけがんばっても
エラーと、なり とれませんでした・・・
当日朝、窓口に並んでとることもできますが、もしダメだったら
と、心配になり、グラナダ到着後、日本語情報センターで1枚8ユーロの手数料を払い
とってもらいました。たか~い・・・
後から聞いた話では、いくつかサイトがあり手凝らずにとれることもあるそう

ちなみに、当日券を買う場合、職員がいる窓口の奥にクレジットカードで買える
自動券売機があり、そちらのほうが空いているし早い。らしいです。
平日なら、ほぼとれるみたい。



ここからは、とーっても長くなりますので、さら~っとながしてください
コメントも短く・・・

裁きの門 アルハンブラ宮殿の入り口
DSCN0543a.jpg

朝・夕方になると、たくさんのツバメが空を飛んでいました。
城壁の小さな隙間に巣を作っているようでした。
DSCN0546a.jpg

Nazaries ナスル?ナサリ?ナサル?ナザレ?ナサレ宮?の入場待ち。隣の庭園。
DSCN0548a.jpg

このナサレ宮に入る時間は、チケット購入時に決められ
時間を過ぎると入場できなくなります。
DSCN0550a.jpg

外観の雑…というか、寂しい感じとはうって変わり、宮殿内は
DSCN0563a.jpg
大理石・鍾乳石・タイルなどで飾られ
DSCN0564a.jpg
とても美しい。
DSCN0567a.jpg
天井には、寄せ木細工が施してあるところも。
DSCN0570a.jpg
高いところまで、細かな彫刻の壁で囲まれています。
DSCN0589a.jpg

有名なアヤラネスの中庭。青い空と建物が水に写っています。
DSCN0577a.jpg
反対側からも。
DSCN0584a.jpg


所々に置いてあるいすに腰掛け、見とれていたら、職員のおっちゃんが
“カメラを貸して。そして天井を見ていろ”と、
DSCN0599a.jpg
不自然でしたね
ちなみに見とれていたのは、この天井。
DSCN0598t.jpg
鍾乳石の彫刻がすばらしい。


宮殿の中でもっとも美しいとされるライオンの中庭なんですが
ただいま、ライオンを改修中 なので、廊下だけ。
DSCN0604a.jpg

窓にも、細工された木が。
DSCN0611a.jpg

ナサレ宮を出て、バルタル庭園を見ながら、夏の別荘であるヘネラリフェへ向かいます。
DSCN0613r.jpg
丁寧にお手入れされたお庭。四季折々のお花が植えられています。
DSCN0617a.jpg
庭のあちこちに噴水があります。
砂漠の民であるアラブ人にとって、このように水をぜいたくに使うことは
権威の証だったらしいです。
DSCN0619a.jpg

ヘネラリフェから見える、ナサレ宮。
手入れされた庭の横には畑があり、かぼちゃなどを栽培してました。王様のごはん?
DSCN0621a.jpg

葡萄もあちこちに。
DSCN0624g.jpg
満開のジャスミン、とってもいい香り~
DSCN0625a.jpg
ヘネラリフェは別荘 というだけあって美しいと言うより、かわいらしいイメージ
ここでリラックスしていたんでしょうか?
DSCN0633a.jpg
この大きな (直径20センチ以上) 白いお花が咲く木、鶴舞公園にもあるんですが・・・
DSCN0635h.jpg
なんて名前でしたっけ?アヴィパパ。
高さ10mくらいの大木。街でも何本か見かけました。
DSCN0636h.jpg

ヘネラリフェを後にし、アルカサバへ向かう途中、朝ご飯兼 休憩。
パラドール・デ・グラナダのカフェはまだ開いていなかったので、隣の
Hotel Americanのカフェへ。
DSCN0640a.jpg


アルカサバは 見張り台だったらしく、グラナダの街が一望できます。
パノラマ180度という、撮影モードで撮ってみました。
DSCN0641pa.jpg
360度もありますが、試していません。

街の中でも 一際大きく目立つカテドラル。
DSCN0645a.jpg

ふらふらと歩きながら、約4時間かけての見学。
街ではほとんど日本人に会いませんが、ここアルハンブラ宮殿は
見学者の3割ほどが日本人! やはり観光名所なんですね~

この日の赤っ恥・・・
私の前で、けっこう時間をかけて 風景を撮影してた白人男性。
”う~私もそこで撮りたいのに・・・早くどいてくれないかな~?”
と、言ってたら、撮影が終わり 振り返って
”ごめんなさい。どうぞ” と、にっこりしながら 流ちょうな日本語・・・
しっ失礼しました~

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もう時効。。

お元気? ところで「この大きな白いお花が咲く木」はタイサンボクですよ~。いい香りがしていたでしょ~。あっ、鼻が(も)悪かったっけ??ホホホ。ところで、アルハンブラでちょうどムーチーおとーちゃまがサングラスして立っているところの、向かって右上の目の高さより20センチほど上方の壁の青いタイルが剥げていたでしょ?そのタイルは約20年ほど前になにを隠そう私くしアヴィパパめが盗ったのです(その犯罪はすでに時効)。その替わりに、うちのトイレのタイルを一つはがして持って行って付け替えを試みたのですがどうしてもくっつかなかった。。きっとアロンアルファが古かったのが原因らしい。だから、それ以来、接着剤は常に新しいものを使うように心がけています。???へへへ。。

懐かしい。

そうそう、こんなだったわ。
と思い出しながらお写真を堪能したわ。
UP大変だったでしょ。
お疲れ様。
楽しませて頂きました。

でもって、初めまして!(お写真に)
これでお会いしてもきっと分ると思うわ。
楽しみにしてますね。

アルハンブラ宮殿、ロマンティックな処ね。
名キャメラマンの案内で旅のお裾分けしてもらいました。
いつか私も行ってみたいけど、りくが・・・・・
あっ!ここにもマロのブログに登場したあの花博士が。

シャンママさんへ

現実を直視できず、旅行記を書くことに没頭してました・・・

グラナダは、本当にのんびりしていて、物価も安くていい街でした。
ただ、もうちょっとお買い物したかったな~ (^_^;
アルハンブラ宮殿見学は、お天気にも恵まれ最高でした。

次はゆっくりパリに行きたいなぁ。
でも5ワン どうしましょ。

アヴィパパへ

タイサンボクですか~
これからは、パパのお話は、耳の穴をかっぽじって!?
よ~く聞きますね!

タイルもって来ちゃダメでしょ-!
アロンアルファじゃなくて、やっぱりセメダインでしょ。

そういえば、日本語情報センターのおじちゃんが
顔?雰囲気?が、とってもアヴィパパに似ていて、親近感たっぷりで
ついつい、初対面なのに知り合いのような口のききかたしちゃったわ。
今度、ご対面してきてね。

あ、そういえば、今どこにいますか?
海外?北海道???
パパには、紅茶を買ってきたよ。

りくママへ

長い間、お世話になりました。
ありがとうございました。
次は、うちがりくを預かりますから
ぜひ行ってきて~!

アルハンブラ宮殿は、美しくてステキなとこだけど
歴史を読むとけっこう血なまぐさい事件があったり
美しい庭園の横にはハーレムという部屋がたくさんあったり・・・

西欧とはちょっと違う雰囲気のグラナダは、一見の価値ありだと思います。

むーちーママ

ロングヘアーのシーズー
むさし&ちよです。
遊びに来てね♪

コメントおまちしてます☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。